ほっておくと怖い!歯周病

最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう歯周病!

歯周病は、歯の病気の中でも特によく聞く病名です。しかし、歯周病になるとどうなってしまうのかは、あまり知られていないように感じます。
歯周病が進行してしまうと、最終的には歯が抜け落ちてまうこともあります。
実は日本人が歯を失う原因のほとんどが歯周病であり、成人の約80%が歯周病だと言われています。その理由として、歯周病は初期症状がわかりづらいので、自分が歯周病だと気づかずに放置してしまう人が多いせいだと考えられています。
歯周病は、早期発見早期治療できちんと治すことができます。
なのでもし、自分の口内に違和感を感じたり、自分が歯周病かどうか気になった時には、1度歯科で検査を受けてみるのも良いのではないでしょうか?

ひとつでも当てはまれば病院へっ!!歯周病の初期症状。

一つ目の症状は、歯茎からの出血です。歯ブラシの時など、歯茎から血が出ることはありませんか?歯茎からの出血はつまり、歯茎が炎症を起こしているということなので、歯周病の可能性があります。
二つ目の症状は、突然口臭がするようになることです。歯周病は、口内で細菌が繁殖している状態なので、口臭がするのも大きな特徴です。
三つ目の症状は、口内の粘りです。歯周病菌は唾液に含まれており、その影響で口内が粘つくことがあります。
四つ目の症状は、歯茎が下がって歯が長く見えることです。歯周病では歯茎の歯肉が後退し、その結果歯が長く見えます。普段鏡を見ることはあっても、自分の歯茎まで見る人は少ないでしょう。一度、鏡でゆっくり見てみるのもいいのではないでしょうか?
ご紹介した症状は一部です。そして、早期発見早期治療のためにも、自分に当てはまる症状があれば、歯科で検査を受けることをお奨めします。