歯周病にならない為に気をつけることって?

歯と歯の間を磨くときにはつまようじは使わない

歯周病になってしまうと、最悪歯が抜けてしまうことになってしまいますから、是非気をつけてもらいたいです。歯周病を予防するには、歯や歯と歯の間を綺麗にしていくことが欠かせませんが、食事をした後につまようじを利用して、間に挟まったものをとったりしている人がいますけど、これはやめた方が良いでしょう。確かに歯と歯の間にはさまっているものはこれによってとりやすくなるかもしれませんが、別の問題があります。
それは力を入れるときに、歯茎につまようじの先端が当たり、それが原因で歯茎が傷つく可能性があるということです。歯周病は歯茎から始まるので、歯茎にとって負担のかかることはしてはいけないのです。したがって、歯茎を傷つけないで、歯と歯の間のものをとるには、フロス、糸ようじといったものを使っていくと良いです。

歯磨きをするときには歯茎も磨く意識で

歯磨きをするときには多くの方は歯を磨いていると思いますが、歯周病を防ぐためには、歯茎も磨いてもらう必要があります。磨くといっても、歯茎を直接力を入れてこするわけではなく、マッサージをするような意識で歯ブラシが歯と歯茎の境目あたりにもちゃんと当たるように磨くということです。
歯だけを磨こうとすると、歯と歯茎の間が磨けていないことが多いのですが、ここは特に汚れが溜まりやすく、歯周病の原因になりやすいので気をつけてもらいたいです。歯と歯茎の間をきちんと磨いていくには、歯ブラシがやや歯茎に当たるくらいの意識で磨いていくとちょうど良いのです。普段の歯磨きこそが歯周病を防ぐために1番気をつけるべきことというのは覚えておきましょう。