よくCMで見るけど・・・歯周病って?

歯周病の基礎知識を備えておきましょう!

歯周病とは普通の虫歯とは違い、文字通り「歯の周りの病気」という意味があります。進行してしまうと歯の周りの骨が溶けて抜けてしまう恐ろしい病気です。初期症状が無いので気づかないうちに進行してしまっている可能性がとても大きいです。成人の80%以上が歯周病にかかっているので気になる方は一度近くの歯医者へ行って診てもらいましょう。

また、若いうちは抵抗力があるので菌が侵入してきても歯茎が腫れるだけで済みますが、歳を重ねるとともに抵抗力が低下して菌に歯の骨まで侵されてしまいます。その抵抗力が低下した分を歯医者でメンテナンス等を行い補助してあげる必要があります。

日本人のほとんどが抱えている歯周病という問題。これはどうやって解決すれば良いのでしょうか。

歯周病は防ぐことが出来る!

歯周病治療の基本的な方法は「プラークコントロール」と呼ばれるものです。「プラーク」とは細菌の集まりのことです。要するに「虫歯菌」のことです。そのプラークが元々の原因なのでプラークを歯に付着させないようにコントロールすることが「プラークコントロール」です。
歯医者でも様々なメンテナンスを受けることが出来ます。たとえば歯周ポケットと呼ばれる「歯と歯茎の隙間」から菌が侵入しないように狭くする治療法もあります。重度によって治療法も異なりますが言えることは「早めの治療が最善策」ということだけです。

歯があるかぎり歯周病菌との戦いはずっと続きます。負け(総入れ歯になら)ないようにこまめに歯磨きと、定期的に歯医者へ行きましょう!不安な方は早めに相談しましょうね。